2017年6月30日に2話が放送された【ブランケットキャッツ】。

【ブランケットキャッツ】2話では
マギーさんと奥貫薫さんがゲストキャストとして登場。

会社からリストラされ友人に相談するも
いい返事がもらえず職が見つからない隆平(マギー)。

途方に暮れる隆平は猫の飼い主募集の張り紙を見つけ
さっそく秀亮(西島秀俊)の店を訪ねる。
秀亮が隆平に猫を育てる環境のことを尋ねてると
いつの間にか店に来ていた藤村美咲(吉瀬美智子)がセールストーク。

子供たちのために心に決めていた隆平は
あっさりと美咲のトークに乗せられ猫のむぎ(にぼし)を気に入る。

美咲に口を挟まれた秀介はいつものように口げんかしながら
隆平にトライアル契約書を手渡し美咲は動物病院に戻って行く。

秀介は隆平に対してトライアル期間に
猫に与えるフードの事と毛布の重要性を詳しく説明。

納得する隆平を連れて猫を飼える環境を確認するために
隆平の家と周辺をチェックする。

秀介から猫を預かった隆平は息子の陽太から喜ばれるが
娘の美雪からは快く思ってもらえない……。

美雪がとんでもないイタズラをやらかしてしまう
第2話【我が家の夢のブランケット・キャット】。

ドラマ【ブランケットキャッツ】の2話あらすじとネタバレ。

ゲストキャストの紹介と重松清さん原作との違いも含めてご紹介させて頂きます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



NHKドラマ10 ブランケットキャッツの2話あらすじとネタバレ


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

リストラされてしまい借金返済のために
自宅を売りに出していた隆平(マギー)。

隆平は友人に相談するも力になれないと言われ断られてしまう。

途方に暮れていた隆平は職探しの帰り道
偶然、猫の飼い主募集の張り紙があるのを見つける。

隆平は秀亮(西島秀俊)の店を訪れ
子供たちが好きな猫を飼ってやりたいと説明。

秀亮が猫を育てる環境のことを尋ねると
いつの間にか店に来ていた藤村美咲(吉瀬美智子)がセールストーク。

美咲は隆平に勧められた猫のむぎ(にぼし)を気に入る。

秀亮は口を挟まれた美咲といつものように口げんかしながら
隆平にトライアル契約書を手渡し美咲は動物病院に戻って行く。

猫に与えるフードのことと毛布の説明を終える秀亮。

秀亮は猫を飼える環境を確認するために
隆平とともに家と周辺をチェック。

玄関のアプローチ前に置いてあったバラの花を見て
妻の陽子(酒井美紀)を思い出しながら猫のむぎを預ける。

秀亮と別れた隆平は妻の春恵(奥貫薫)に猫を預かったことを報告するが
春恵は家計に余裕がないことから猫を返却してきてほしいと言い放つ。

隆平は春恵に3日間たったら返しに行くと説得したうえで
興味を抱く陽太に対して目隠しをしてクイズを出します

バスケットを見ながらうれしそうに考え『うさぎ』だと答える陽太。

そんな陽太に春恵は『猫』だとばらしてしまい
陽太は父のサプライズに大喜びして猫の名前を尋ねる。

名前を聞いていなかったと申し訳けなさそうに答える隆平。

陽太は猫をにゃーすけと名付けて遊び始め
隆平は気になっていた家の査定額を春恵に尋ねる。

春恵は不動産会社に査定してもらった
1500万円から売り出して1300万円なら買い手がつくと説明。

隆平と春恵が想像以上の査定額に落胆してると、娘の美雪が帰宅。

美雪は隆平が説明する猫には目も触れず自分の部屋へ直行し
心配する隆平と春恵に対して大声で喚き出す。

美雪

クラスの男に夜逃げすると言われた!!

美雪は感情を剝き出しにして2人を部屋から追い出してしまう。

同じ頃、秀亮は家具の査定依頼の電話を受けていました。

翌日、楓(島﨑遥香)に店番を頼み家具の査定宅に向かう秀亮。

秀亮は到着した隆平宅で猫のことは何も言わず
春恵に引っ越しのことを尋ねる。

春恵が秀亮に自宅の売却を話してると陽太が帰宅します。

陽太は秀亮の目の前でにゃーすけに愛情を注ぎ
そこにタイミングの悪い隆平が戻って来る。

秀亮に対してばつが悪そうな顔をする隆平。

隆平は場所を変えてリストラで職を失ったことや
自宅の売却などを包み隠さず秀亮に打ち明けたうえで謝罪。

子供たちが昔から好きで飼いたかった猫との
思い出を作ってやりたかったが喜んでるのは陽太だけで
春恵や美雪に見放されてしまったと苦しい思いを告白する。

秀亮はぶっきら棒にいい迷惑だと言い放つが
奥さんのことはもっと信じてもいいんじゃないかと言い残し立ち去る。

秀亮の言葉を胸に隆平が帰宅すると
不動産会社からお客を連れて見に来るとの連絡があった。

美雪と陽太に事情を話して出掛けるように説得する隆平と春恵。

飼い主の顔など見たくない美雪はあっさりと承諾し
陽太はにゃーすけを連れて2人は外へ出掛ける。

2人が出掛けると不動産会社の営業マンがお客を連れてやって来た。

家族連れのお客は一階を見た後に2階を見たいと言い
隆平と春恵は美雪の部屋を案内する。

ところが壁紙には美雪のイタズラとも思える
この家を買う奴は不幸になれ!!』と書かれていた。

イタズラ書きに憤慨して帰って行く下見のお客……。

隆平は営業マンから再度家族との話し合いを忠告されるが
内心はおたくの面倒は見れないと通告されたようなものだった。

困り果てた隆平は春恵に日曜大工で壁紙を張り替えると提案し
家の思い出を残すために写真を撮り始める。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



感情をぶつける美雪と一緒に猫の毛布を探しに行く隆平


しばらくすると、美雪と陽太が戻って来た。

隆平はイタズラ書きをした美雪を咎める春恵に
すべて自分の責任だと言ってかばう。

一方、秀亮は亡き妻の陽子(酒井美紀)に対して
辛くあたった苦い思いを脳裏に巡らせていた。

仕事で帰りが遅く猫を増やす
陽子に対して『当てつけだ』と言い放った秀亮。

秀亮は陽子の本意をわからずに辛くあたったことを後悔していた。

その後、秀亮がさくら食堂に向かうと美咲が到着していた。

さくら(美保純)は秀亮を待っていたかのように
お見合い相手の写真を見せながら得意げに話し始める。

美咲はいつものように割って入り口をはさみ出すが
さくらからヤキモチを焼いてると思われ
挙句の果てには今度男を紹介すると言われてしまう始末……。

同じ頃、隆平宅ではにゃーすけの毛布がなくなったと陽太が大騒ぎする!

隆平に尋ねられ『臭かったから捨てた』と告白する美雪。

平然と答える美雪に隆平は毛布がなかったら猫が困るんだと諭すが
美雪は猫よりも自分たちに不自由をさせて困らせるなと言い放つ。

更に父を罵倒し続ける美雪は子供の方が被害者だと主張。

隆平は自分の不甲斐なさにひと言も返せなかったが
美雪の暴言を見てられない春恵は頬をひっぱたいてしまう。

そのうえで家族に加害者も被害者もないと美雪を優しく諭す。

美雪は毛布を捨てた場所を神社だと打ち明け
家族全員で探しに行くことに決定するが
にゃーすけを置いていけない為に春恵と陽太が留守番。

神社に向かう道中で美雪に謝罪したうえで
何があっても守っていくことを約束する隆平。

隆平が熱弁を終えて前を見ると
年頃の思春期で素直になれない美雪はさっさと歩いていた。

隆平は後を追いかけ美雪と合流し、神社に到着する。

美雪は探すことなく毛布を取り出し
捨てたのではなく隠していただけだった。

隆平は責めることなく美雪も少し心を開き始める。

翌日、隆平は秀亮の元を訪ねて猫を返却したうえで
妻を信じるように言った秀亮に理由を尋ねる。

秀亮は自分も同じ境遇だったと答え、隆平は立ち去る。

その後、秀亮は猫に向かって呟く……。

あの頃は知らなかった、ピンクのバラの花言葉が感謝だってことを

またしても猫を返却された秀亮は美咲から説教をくらっていました。

ブランケットキャッツの3話に続く

NHKドラマ10 ブランケットキャッツ 2話のゲストキャストを紹介


隆平(マギー)


new_original.jpg

リストラされて借金返済のために自宅を売り出している。

秀介から猫を預かり息子の陽太から喜ばれるが
惨めな境遇に耐えられる娘の美雪から反発されてしまう。

結末では神社に毛布を隠した美雪と一緒に出掛け
少しだが親子の絆を縮めることに成功する。

マギー 1972年5月12日生まれ、兵庫県出身。

大学在学中に演劇サークル【騒動舎】に所属し
1993年にサークルメンバー6人でジョビジョバを結成。

1997年にテレ朝で放送された【流れ板七人】で俳優デビュー。

ジョビジョバの活動停止後は俳優以外にも
バラエティタレントた脚本家としても活動開始。

近年のテレビドラマでは【99.9 -刑事専門弁護士-】や
【家政夫のミタゾノ】などに出演して演技派の脇役として活躍。

脚本家としては稲垣吾郎さん主演で話題になった【ブスの瞳に恋してる】。

関ジャニの丸山隆平さん主演【地獄先生ぬ〜べ〜】や
斎藤工さんが事件を解決する【臨床犯罪学者 火村英生の推理】も手掛けている。

また、渡辺直美さんが主演を務め
夏ドラマとして放送される【カンナさーん!】もマギーさんの脚本である。

春恵(奥貫薫)


new_00.jpg

隆平の妻で美雪と陽太の母親。

毛布を隠したうえに隆平を罵る美雪の頬を平手打ちするが
母親らしく美雪を諭し毛布を探しに行こうと優しく接する。

奥貫 薫 1970年11月22日生まれ、東京都出身。

1986年に【ヤングジャンプグランプリ】を受賞した後
【アミューズ10ムービーズオーディション】にも合格し芸能界入り。

1988年に8人組の女性アイドルグループ【エンジェルス】のメンバーとしてデビュー。

翌年のKDDIでのCMで注目され映画【バトルヒーター】に出演し女優デビューも果たす。

その後、芸能活動を控えていたがクロレッツのCMで再び注目を集めるようになり
1997年に出演した映画【ラヂオの時間】永井スミ子役の演技力が評価される。

2010年には大河ドラマ【龍馬伝】にて
龍馬の幼馴染みで無二の親友武市半平太の妻【武市冨】役を熱演。

2016年は【異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】で比奈子の亡き母として出演。

6月に最終回を終えた【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】でも
4話のゲストキャスト有馬咲枝役として出演をしている。

ブランケットキャッツのキャストと猫の紹介はこちらの記事にまとめています。

NHKドラマ10 ブランケットキャッツ 2話 重松清 原作との違いは?


2017年6月30日に放送された【ブランケットキャッツ 2話】。

ドラマ2話では春恵が秀亮に電話をして家具の査定を依頼し
秀亮が隆平の家で査定してるところに隆平が帰宅するという展開。

その後、隆平は秀亮に隠していた事情を告白してました。

ドラマではこのようなストーリー展開でしたが
原作では春恵が家具や備品の引取りを依頼したのは資源回収業者で
隆平が秀亮に事情を告白する2人の会話シーンも描かれていません。

秀介が家具の修繕店を経営してることから登場し
その後に続く隆平と秀介との会話シーンは
ドラマならではのオリジナルとして良かったと思います。

その他にドラマと原作との違いは美雪が毛布を隠した場所。

ドラマでは神社になってましたが
原作で美雪が毛布を隠した場所は公園です。

毛布を持って家に向かう2人に野良猫の鳴き声が響き渡ります。

そして毛布を持っていない野良猫が見る夢を
隆平が想像するところでラスト結末を迎えます。

1話同様に家族の絆を描いた2話も地味ではありますが
心にジーンとくるものがありましたね。

来週放送される3話【二人ぽっちのブランケット・キャット】は
【花粉症のブランケットキャット】として原作で描かれております。

タイトルからして原作と違うドラマでは
どのようなオリジナルをシーンが登場するのでしょうか?

第3話も引き続き原作とドラマとの違いも含めてネタバレをご紹介させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

NHKドラマ【ブランケットキャッツ】1話あらすじネタバレと重松清原作との違いは?
NHKドラマ10【ブランケットキャッツ】のキャスト出演者と登場人物は?猫とゲストも公開!
ドラマ10【ブランケットキャッツ】放送日再放送日はいつ?あらすじと見逃し配信動画も公開!
ドラマ【ブランケットキャッツ】ロケ地はどこ?珈琲亭ルアンで西島秀俊とぱるるの目撃情報!
NHKドラマ【ブランケットキャッツ】1話~最終回の視聴率速報とヤフー感想まとめ

スポンサーリンク

タグ