2017年6月23日より放送がスタートした【ブランケットキャッツ】。

1話オープニングから西島秀俊さん演じる椎名秀亮が
可愛い猫たちから顔をなめられ起床。

猫の毛をブラッシングして爪を切ったりした後に
朝食を済ませて猫の飼い主を探す秀亮の一日が始まる。

そんな秀亮に協力を惜しまない幼馴染の藤村美咲(吉瀬美智子)は
藤村動物病院から広告を見たお客を連れて来るが……。
秀亮は態度が気に入らないからと言って断ってしまう。

美咲に説教される秀亮は美咲と言い合いをおっぱじめ
二人は楓(ぱるる)から夫婦喧嘩のようだとからかわれてしまう。

そんななか、ロンロンの身代わり猫を求めて
ヒロミ(蓮佛美沙子)が秀亮の店を訪ねて来る……。

西島秀俊さんが猫のペコとともに身代わりになった
ドラマ【ブランケットキャッツ】の1話あらすじとネタバレ。

重松清さん原作との違いも含めてご紹介させて頂きます。



スポンサーリンク


スポンサーリンク



NHKドラマ10 ブランケットキャッツの1話あらすじとネタバレ


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

小さな家具の修理工房を経営する椎名秀亮(西島秀俊)。

秀亮は2年前に亡くなった妻の陽子(酒井美紀)が
残していった7匹の子猫の新しい飼い主を探す日々を送っていた。

今日も猫になめられ起床しエサを与える秀亮は
猫の毛を丁寧にとかしてやったり爪を切ってから朝食を済ます。

一方、秀亮の幼馴染で獣医師の藤村美咲(吉瀬美智子)。

美咲は犬の診察を一通り終えた後
猫の飼い主広告を見たカップルを秀亮の店に連れてやって来る。

それぞれの猫たちを見て回り
どの猫を飼おうかと心を躍らせるカップル客。

ところが秀亮は譲らないとぶっきら棒に断り
気を悪くしたカップルは帰ってしまう。

秀亮は美咲からこれで13人目だと説教されるが
スマホに夢中になっていた男性には猫を大事にできないと言い返す。

そこに美咲を探していた水島楓(島崎遥香)がやって来る。

楓は言い合いする二人を見て夫婦ケンカだとからかい
美咲は否定しながら楓とともに秀亮の店を立ち去る。

二人が帰った後、スマホで猫の広告を見た
ヒロミ(蓮佛美沙子)が秀亮の店を訪ねてやって来る。

秀亮の肩に乗っかっているペコ(うに)を見て驚くヒロミ。

ヒロミは飼っていたロンロンにそっくりだと喜ぶが
秀亮は身代わりの猫なら渡せないと言い放つ。

秀亮にロンロンが亡くなったことと
3年前に認知症なった祖母(佐々木すみ江)の事情を打ち明けるヒロミ。

ヒロミは祖母が施設に入る前に対面させてあげたいと秀亮に懇願する。

猫との相性も含めて3日間何も問題がなければ譲ると返事する秀亮。

秀亮はフードと毛布を手渡しヒロミと一緒に出ていき
ヒロミの家の周辺と家の中をチェック

ようやく合格を与えた秀亮はヒロミにペコを預ける。

ペコを連れて帰ったヒロミに家族はロンロンそっくりだと大喜び。

ヒロミは母から婚約者長野への招待を促されるが
しばらく連絡せず疎遠になっていたことから曖昧な返事。

長野への電話連絡に戸惑うヒロミはペコを長野として練習開始。

同じ頃、秀亮はいつものように子供の頃から知ってる
さくら食堂の女将・佐伯さくら(美保純)のところで夕飯。

後からやって来た美咲から近況を尋ねら
トライアルさせてるからとぶっきら棒に報告する。

そんな秀亮にお見合い話しを持ち掛けるさくら……。

さくらは妻の陽子にそっくりな女性だと乗り気だが
美咲は自分を例えて身代わりでは相手の女性に失礼だと大反対。

秀亮は陽子を亡くした時のことを脳裏に巡らせていた。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



身代わり猫と秀亮の活躍でヒロミと家族に奇跡が舞い降りる


ヒロミの実家に祖母がやって来る。

ペコを抱いていたヒロミは祖母にロンロンとして対面させ
祖母は疑うこともなくロンロンとの再会に歓喜。

外のブロックの隙間から覗いていた秀亮は安心するが
近所の人たちから怪しまれてしまい退散する。

上機嫌な祖母はヒロミに長野が来るのかと尋ね
ヒロミは思わず明日だと返事してしまう。

長野に連絡してないヒロミは考えた末に秀亮に電話相談。

喫茶店で秀亮と会ったヒロミは長野との今の関係を打ち明けたうえで
身代わりの婚約者として祖母と会ってほしいと懇願する。

そんな二人をたまたま自転車で目撃した楓は窓から瞳孔全開!!

秀亮の彼女だと勘違いしてしまい急いで美咲に報告する。

美咲は秀亮に女友だちもいるなら良かったと答えるが
楓はどことなく美咲が強がっていると思っていた。

一方、ヒロミは祖母の横に布団を並べ
手首にひもを巻いてる父を目撃してしまう。

祖母が夜中に徘徊してしまうことをヒロミに話す父……。

ヒロミは祖母を施設に入れなければならない
父の決断に納得せざるを得なかった。

翌日、秀亮はスーツを着用してヒロミの自宅に向かう。

同じ頃、ヒロミは母や弟に秀亮が長野の身代わりで来ることを告白。

そこに秀亮が現れ長野を演じてヒロミの家族たちに挨拶。

秀亮は長野としてヒロミの家族たちと食事をするが
祖母から仕事のことを尋ねられ言葉を詰まらせてしまう。

慌てるヒロミは建設会社に勤務してると助け舟を出し
家族全員で話を切り替えて祖母の意識を逸らすことに成功。

家族は何事もなかったかのように一安心するが
いつの間にか祖母が刺身やサラダをガツガツと頬張っていた。

見苦しい姿に慌てて止めに入るヒロミの父……。

ところが祖母は声を震わせながら『泥棒するな!』と叫び
挙句の果てにはその場でお漏らしをしてしまう。

空気を読んだ秀亮はヒロミと家族に帰ることを伝え
祖母に挨拶を済ませて立ち去ろうとする。

すると、祖母がゆっくりと口を開いた。

『喧嘩すればいいんですよぉ、若いひとは……』

ヒロミは秀亮を見送った後
祖母の言葉を思い出し本当の婚約者長野に電話!

ヒロミと長野は本音でぶつかり合い
長野は今から東京に向かうとヒロミに伝える。

自宅に戻ったヒロミは祖母に嘘をついていたことを謝罪。

『長野さん、これから来るから会ってね』

ヒロミがそう言うと祖母はヒロミの頬を
何度も優しく撫でながら『ありがとうね』とつぶやいた。

ペコが起こした小さな奇跡によって歓喜の涙を流す家族。

翌日、祖母は笑顔で施設へと向かった。

その後、ペコを連れて秀亮の店へ出向くヒロミ。

ヒロミが留守番をしていた楓に
ペコを返しに来た伝言を頼んでると秀亮が戻って来た。

『ロンロンの身代わりじゃ申し訳ない』

ヒロミは秀亮に対してお礼を述べると
秀亮は黙ってうなずいていた。

ブランケットキャッツの2話あらすじとネタバレ

NHKドラマ10 ブランケットキャッツ 1話 重松清 原作との違いは?


2017年6月23日から放送がスタートした【ブランケットキャッツ】。

1話でのドラマと重松清さん原作との違いですが
秀亮がヒロミの家や周辺をチェックするところは原作には描かれていません。

そして、ヒロミが喫茶店で秀亮に身代わりを懇願。

当日に秀亮が長野の身代わりとして現れ
祖母と対面するとこも明らかに原作とは違うとこでした。

原作でのヒロミは考えた末に長野に電話をします。

長野は祖母との対面を承諾してくれ
ヒロミは当日に喫茶店まで迎えに行きます。

ところがヒロミは長野がレジで支払いをしてる隙に逃亡するんですね。

自宅に戻ったヒロミは祖母に嘘を詫びて
祖母が喧嘩しなければダメだとヒロミを諭します。

祖母の言葉で目が覚めたヒロミはもう一度長野に電話。

二人は本音をぶつけ合い仲直りという展開。

結末に向かう場面はどちらも一緒でしたが
秀亮も猫のペコ同様に身代わりになる展開は面白かったと思います。

次回2話は【我が家の夢のブランケット・キャット】

むぎ(にぼし)がリストラされた家族にレンタルされます。

むぎがどのような活躍をして小さな奇跡を起こすのか楽しみですね。

1話 ゲストキャスト 蓮佛美沙子(役・立花ヒロミ)


ブランケットキャッツ 1話 ゲストキャスト 蓮佛美沙子.jpg

祖母が可愛がっていたロンロンに似た猫を探して秀亮の店にやって来る。

秀亮からレンタルした猫に同じ名前をつけ
2ヶ月前に12歳で亡くなったロンロンとして祖母と対面させる。

母から婚約者の長野を祖母に紹介するよう促され
悩んだあげくに疎遠になっていた長野に電話を入れ相談する。

当日に長野を迎えに行くも逃げ出してしまい
自宅に戻った後に祖母に対して婚約者とは
結婚しないから連れてこれないと正直に打ち明ける。

2014年の【聖女】や翌年の【ランチのアッコちゃん 】では戸田菜穂さんとW主演。

芳根京子さん朝ドラ【べっぴんさん】では
坂東家の長女ゆり役として出演している蓮佛美沙子さん。

多くのNHKドラマに出演してる蓮佛美沙子さんは
2017年12月公開予定実写映画【鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST】で
リザ・ホークアイ中尉役としても出演が決定しています。

1話 ゲストキャスト 佐々木すみ江(役・ヒロミの祖母)


new_sasaki.jpg

老人ホームの施設に入所するヒロミの祖母。

可愛がっていたロンロンが亡くなったことは知らされていない。

ヒロミがレンタルしてきた身代わりのブランケットキャッツを
ロンロンと信じて久しぶりの再会に歓喜する。

孫のヒロミに対して『若いひとは喧嘩すればいい』と諭し
疎遠になっていた長野とよりを戻すきっかけを与える。

蓮佛美沙子さんの祖母役を演じる佐々木すみ江さん。

佐々木すみ江さんは2008年に大河ドラマ【篤姫】に出演♪

主人公・天璋院の養育係である菊本役を演じ
【女の道は一本道でございます】というセリフで話題を呼び
篤姫の高視聴率と再放送に貢献した大物女優さんです。

その後も多くのテレビドラマや映画に出演して
2017年は新垣結衣さんが出演して話題となった
【絆〜走れ奇跡の子馬〜】において根本きぬ役を演じておられます。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

NHKドラマ10【ブランケットキャッツ】のキャスト出演者と登場人物は?猫とゲストも公開!
ドラマ10【ブランケットキャッツ】放送日再放送日はいつ?あらすじと見逃し配信動画も公開!
ドラマ【ブランケットキャッツ】ロケ地はどこ?珈琲亭ルアンで西島秀俊とぱるるの目撃情報!
NHKドラマ【ブランケットキャッツ】1話~最終回の視聴率速報とヤフー感想まとめ

スポンサーリンク

タグ