2017年6月23日からドラマ10で放送開始される
七匹の猫と七家族の物語【ブランケットキャッツ】。

ブランケットキャッツは主演の西島秀俊さんが
七匹の猫たちの新しい飼い主を探して猫を2泊3日でトライアル。

それぞれの人たちにレンタルされた猫たちが
問題を抱えた家族に小さな奇跡を呼び起こしていくストーリー展開。
可愛い猫たちの登場にツイッターでの感想や評判も上々で
ブランケットキャッツへの視聴率に期待が高まります。

そんなブランケットキャッツには映画【3月のライオン】。

Y!mobile【DJふてニャン】篇にも登場している
みーこやジャックなどのスター猫が出演します。

前回の春ドラマとして放送された【ツバキ文具店】は
心温まる手紙を題材にして1話視聴率は5.0%でした。

夏ドラマとして放送されるブランケットキャッツは
猫が奇跡を呼び起こすファンタジーな要素も含んでいるストーリー。

こちらの記事では【ブランケットキャッツ】
第1話~最終回7話までの視聴率速報推移と私の感想。

SNSツイッターやヤフーでのみんなの感想を
最終回までまとめてご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク



NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話視聴率を予想!?


昨年からNHKドラマ10にて視聴率が伸び悩んでますが
今週から放送される【ブランケットキャッツ】は可愛い猫たちが登場!

七匹の猫たちとともにW主演で盛り上げてくれるのは
最終回を終えたばかりのクライシス西島秀俊さんと昼顔の吉瀬美智子さん。

更に朝ドラ【ひよっこ】島﨑遥香さんことぱるるも出演します。

特に、ぱるるの出演にファンが注目してますので
ブランケットキャッツの視聴率にも期待が高まるところ。

前回放送された多部未華子さん主演ドラマ10
【ツバキ文具店 鎌倉代書屋物語】では手紙を題材に1話視聴率5.7%でした。

ブランケットキャッツでは七匹の猫たちが
七家族に小さな奇跡をもたらしていくストーリー展開。

題材は違いますが笑って泣けてくる心温まる内容になっております。

また、同じNHKで放送されてる【おんな城主 直虎】でも猫が登場。

小林薫さん演じる南渓和尚の愛猫も可愛いとの評判も考慮して
ブランケットキャッツの1話視聴率は【6.0%】と予想。

七匹の猫が活躍するブランケットキャッツの放送日と視聴率が楽しみです。

ブランケットキャッツ 最終回までの放送日と放送日はこちら

ドラマ10 ブランケットキャッツ 最終回 視聴率速報一覧


【ブランケットキャッツ】1話~最終回7話までの
視聴率が発表され次第速報で更新してお届けしていきます。

視聴率速報の見方は先週比がプラスの場合は青字で
マイナスの場合は赤字で表記してます。

7話最終回までの最高視聴率は青、最低は赤として見てください。

また、タイトルをクリックして頂ければ、各話のネタバレが読めます。

   
話数 放送日 タイトル 視聴率 先週比
1話 2017年6月23日 身代わりのブランケットキャット 6.6%
2話 2017年6月30日 我が家の夢のブランケットキャット 4.8% 1.8%
3話 2017年7月7日 二人ぽっちのブランケットキャット 8.0% 3.2%
4話 2017年7月14日 尻尾の曲がったブランケットキャット 4.6% 3.4%
5話 2017年7月21日 嫌われ者のブランケットキャット 4.7% 0.1%
6話 2017年7月28日 j助手席のブランケットキャット
7話 2017年8月4日


スポンサーリンク


スポンサーリンク



NHKドラマ ブランケットキャッツ 放送前のツイッター感想


流星ワゴンで知られる重松清さん原作7つの短編小説をドラマ化した
NHKドラマ10での次回作【ブランケットキャッツ】。

ブランケットキャッツ放送開始前のツイッターでの感想や反応をご紹介しますね。

ブランケットキャッツ キャスト



ブランケットキャッツ ロケ地



ブランケットキャッツ 主題歌



ブランケットキャッツ 感想



【ブランケットキャッツ】放送開始前の
ツイッターみんなの感想はいかがでしたでしょうか?

拳銃クライシスから猫と過ごす西島秀俊さんのギャップや
ぱるるに注目されてる方たちが多いようですね。

七匹揃って朝ご飯食べてる猫たちも可愛すぎて
放送前からブランケットキャッツも大盛り上がり。

ブランケットキャッツ キャスト登場人物と猫たちの紹介はこちら

NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話 視聴率と感想


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話 視聴率 6,6%

6月23日に放送された【ブランケットキャッツ】ですが
私が予想していた6.0%を上回る結果となりました。

2017年放送されたドラマ10のお母さん娘をやめてや
ツバキ文具店を超える高視聴率は猫を起用したところですね

この調子で最終回を迎えてくれればと思います。

そんなブランケットキャッツの1話から
原作とは違うオリジナルストーリーが展開されました。

まさかの西島秀俊さん演じる秀亮が
蓮佛美沙子さんが婚約者している長野の身代わりww

猫のペコとともにおばあちゃんを喜ばせて大活躍。

想像してなかった意外な展開でしたが
すごく面白味があって良かったと感じました。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話あらすじネタバレと原作との違いは?

NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話 ツイッター感想



西島秀俊さんの肩に乗っかかってる
茶トラ猫ペコとのコンビネーションもいい感じ

そして、ぱるるの瞳孔全開シーンは印象的でしたので
投稿して下さった方に感謝したいですね。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 1話 ヤフー感想


第1話を見て


ツバキ文具店の次のドラマとして、楽しみに待っていました。

登場人物の紹介を兼ねた前半と、心を打った後半。

「身代りなんて、失礼」と「結婚するなら、喧嘩しなくちゃ」という言葉が心に残った。

おばあちゃんのその言葉を聞いて
それまで躊躇してなかなか電話できなかったヒロミ。

ヒロミが勇気を出して電話したシーンに涙。

「今すぐ東京に来て!」と言ったら…

「その言葉、待ってたよ」の返しにドッと涙…。

これからの一匹ごとのドラマが、とても楽しみです!

良かった。


前のツバキ文具店も好きだったが、このドラマもほっこりする感じで好きだ。

今回はゲストの蓮佛美沙子さんの演技が光っていた
ベッピンさんの時は力の半分も出していなかった感じがする。

認知症のおばあちゃん役の佐々木すみ江さんも流石に上手くて
呆けた所とハッキリしている所を演じ分けていたと思う。

猫も恋人も有り合わせの身代わりでは駄目なのだろう。

西島秀俊はかっこよくなりすぎた


邦画好きで西島秀俊といえばもっさりして
ぼーっとした青年役が上手だと思っていた。

近年のイケメン扱いにはちょっと抵抗があった
自分としてはこの役は彼にピッタリだと思いました。

しかしスーツ姿がちょっとカッコよすぎかな。筋肉もついてますね。

でも塀の穴から覗いてそそくさと立ち去る姿は彼らしくて良かった。

こういう朴訥というか偏屈というか
言葉で感情を伝えるのが苦手な役柄を与えれば
ぴか一な役者さんだと思いますしその良さが出てました。

内容はさすがの重松原作、温かな流れがそのままにドラマに再現されていて
映像の色合いも音楽も演技を邪魔することなく見やすかったです。

金曜の夜にじんわり心にしみるドラマ。

猫に関しては文句なし。今後も楽しみです。

柔らかであたたかい毛布のように


猫がストーリーの中心にいて人を動かす訳ではなく
猫は何もしないけれど猫を通して不器用な大人達が
からんだ人間関係の糸を少しほぐしていく、

そんな柔らかであたたかい週末の疲れを癒すドラマだった。

今猫ブームで、安易に猫の飼い主になる人が結局途中で
もて余してしまう事が危惧されている中、
今日の家族は最後まで可愛がってくれるだろう家だったから少し残念。

ロンロンの身代わりではなく
全く似ていない猫を家族の一員にしてあげて欲しくなった。

人も猫も歳を重ねて病気になったり介護が必要になったりする。

その時が来てもあたたかく見守る家族でありたいと思う。

猫好き


猫が好きなのと、原作が重松清だというので楽しみにしていた。

妻を亡くした主人公が、妻の残した猫達の新しい飼い主を探しているが
彼は猫の世話をする事で救われているようでもあり
本当は手放したくなうように見えた。

今回登場したヒロミが「身代わりではかわいそう」と
猫を返すのは少し違和感があったが、結局猫達を手放さないという事か?

また、認知症の祖母と食事するシーンで
家族の対応が冷静さに欠けているのも気になった。

とは言え、ペコちゃんは以前
我が家で飼っていた猫と似ていたので、ちょっと嬉しかった。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/review/387927

クライシスハードボイルドからの
西島秀俊さん演技力ギャップはもちろんのこと

孫の蓮佛美沙子さんに祖母の佐々木すみ江さんたちの
演技も光ってたことからキャストには満足され
ほっこりするストーリー展開も評価が高かったようですね

身代わりという言葉に少し抵抗があったもの
猫に関しては申し分ない感想が多かったです。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 2話 視聴率と感想


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

NHKドラマ ブランケットキャッツ 2話 視聴率 4.8%

6月30日に放送された【ブランケットキャッツ】2話ですが
1話6.6%の高視聴率発進から比較すると大幅にダウンしてしまいました。

ブランケットキャッツの2話では隆平演じる
マギーさんと妻・春恵役の奥貫薫さんがゲストキャストとして出演!

隆平は子供たちが飼いたがっていた猫を
秀亮(西島秀俊)から預かってきてサプライズ。

息子の陽太は大喜びするが娘の美雪には逆効果。

クラスメイトから夜逃げするとからかわれ
家を下見に来た家族に当てつけの落書きをしたり
猫のブランケットを神社に隠したりして父の隆平に猛反発!!

ラスト結末にようやく隆平に対して少し心を開いていくという
リストラされた家族と家の売却を題材にストーリー展開されました。

ゲストキャストのマギーさんと奥貫薫さんの演技力で
幸薄い家族をリアルに描いていました。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 2話あらすじネタバレと原作との違いは?

NHKドラマ ブランケットキャッツ 2話 ツイッター感想



家族の大切さを痛感出来るストーリー展開に満足されている方。

西島秀俊さんと猫との楽しいストーリーを期待していたのに
猫が返品されてしまうことから重くなってしまってる。

最終回までどの猫も嫁に行くことが出来ない展開から
猫の役割がストーリーからずれてしまってると感じられてるみたいですね。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 2話 ヤフー感想


第2話も良かった


ブランケットキャット、号泣することはないけど
涙がじわ~っと出てくるドラマですね。

今回はリストラされた主人がいい人だったけど、男の子がそれ以上にいい子だった。

「僕は忘れないよ」でじわ~でしたが、妻がさらにいい人だった。

「被害者も加害者もないんだよ、家族なんだよ…」心を打つ名言でした。

ピンクの薔薇、今度誰かにあげたくなった。

良かったです。


このドラマは猫を通して、猫を預かる家族の有り様を描いているように思う、

たった3日だけだったけど、ばらばらだった家族の気持ちが一つになって行った感じがする。

今日はゲストのマギーさんと奥貫薫さんの演技が良かったと思う。

猫をなんだと


思ってるんだよ、マギーってさ。

奥さんの言うとおり仕事探さずに生き物をおもちゃにするなんて。

トライアルの三日間だけを預かるってのを繰り返すのか?

猫を主題にしたドラマじゃなくただ猫が出演するだけか

毎回返品される猫



毎回譲渡して欲しかったなぁ。

毎回、それぞれの家族の色んな問題を解決しながら
7匹の猫のうち、この猫ならではの理由があって、
その猫が選ばれ、そこで猫が幸せになっていく、

というストーリーなら良かったのに。

今の調子だと、毎回返品されそう。

普通のドラマ


可もなく不可もなく、そんな内容。

猫好きなので見ていますが、認知症とかリストラとか、

結果としては家族の絆が見えた話で良かった

・・・と思う反面、リアルを感じて楽しくないし、気分も落ちる。。。

猫は見たいけど、続きが気にならないドラマの継続視聴は難しいです。

猫は全匹嫁には行かないと思うなぁ。今度見るのは最終回

出典:https://tv.yahoo.co.jp/review/387927

ブランケットキャッツの2話に入り
ドラマのストーリー展開の評価が分かれてきた感じですね。

ブランケットキャッツのドラマも原作も
家族の問題にフォーカスして猫をリンクさせて描いております。

ドラマに満足されてる方は家族の絆がグッと深まるラスト結末と
それぞれの家族を演じるゲストキャストに対する演技力。

その反面にドラマ離れをされてる視聴者たちは
猫が返品されてしまって嫁入り出来ずに猫の幸せに繋がってない。

結果として放送後に残るのは重い感想だけ……。

そして猫は見たいけどストーリー展開が読めてしまい
続きが気にならず視聴するまでもない。

このように賛否両論になってるわけですが
私自身も猫が返品される結末は否めないと感じましたね。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 3話 視聴率と感想


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

NHKドラマ ブランケットキャッツ 3話視聴率8.0%!

視聴率推移も2話の4.8%から3.2%の大幅アップで
2017年のドラマ10でも最高視聴率を記録したことになります。

3話の2人ぽっちんもブランケットキャットでは
子供のいないゲストのともさかりえさんと加藤虎ノ介さん夫婦が
猫のアンによって夫婦の絆を取り戻しました。

そしてアンは2人の子供としてもらわれていき
全員がハッピーエンドになったラスト結末に感動させられました!

【ブランケットキャッツ】3話あらすじネタバレ感想!猫が嫁入りする結末に感動!

NHKドラマ ブランケットキャッツ 3話 ツイッター感想



第3話ではラストで映画のチケット片手にストーカーゾンビの内容を
マジで猫に相談するちょっぴり寂しそうな西島秀俊さんの姿や
再び絆が深まった夫婦と嫁入りした猫のチャイに対しての祝福の感想が大半でした。

やっぱりハッピーな結末は視聴率にも反映したと思われます。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 3話 ヤフー感想


どの話も好き


お試し期間に家族の問題を解決して
猫さんが家具店に戻ってくる話と思っていたら3話目でもらわれていきました。

夫婦が近づいてくるのを察知して入り口に突進したり、毛布を忘れていったり
もうあの夫婦の子なんだなあ、運命の出会いってあるんだなあ、と目から汗が・・・。

ぶっきらぼうな西島さん、いきなり銃を構えそうな気がしないでもない(笑)

ともさかりえ


猫好きな私がタイトルにつられて偶然見たけど、泣かされてしまった。

ともさかさん、良い味だすなあ。

エンドロール見てたら、原作「重松清」。やっぱり泣かされる訳だ。

「とんび」でもさんざん泣かされて
未だに録画消去できないでいるもの。1話と2話見逃したのが悔しい。

今回が一番良かった


互いを思いやるがゆえ、心にしまっていた本心

その積み重ねで、いつの間にかすれ違ってしまっていた二人

でもチャイが繋いてくれました

この夫婦はきっともう大丈夫

動物は癒し以外にも不思議な力を持っています

残りの猫たちもこのように素敵な形でみんなもらわれて欲しいです

心が温かくなりました

チャイちゃん、よかった


チャイがあの、夫婦に、トライアル期間とはいえ、良い意味で態度が変わった気がします。

秀亮の、家にいるときは、ちーーんまりと
一つの所にいるのに、セミとってくるわ、家の中ひっかきまわすわ、

さらにちんまり座ってるのかとおもってたから、私もびっくりしました。

ああいう部分は、人間と似ていると思います。

もらわれていっても、どこかしらで、チャイちゃんの、姿が見たいです。

予想外の展開でした


話が普通過ぎて次回見るのは最終回。と言っておきながら、
今回の主役猫が気になって見てしまいました。

第3話。意外な事に猫がお嫁に行った様子でしたね。

妻が残した猫なので、何だかんだ言いながら
全匹残ると思っていたので意外な結末でした。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/review/387927

3話で視聴率が大幅にアップしたのは亀裂が走り離婚寸前だった
ともさかりえさんと加藤虎ノ介さん夫婦の絆を繋いだ猫のチャイが
素敵な形で嫁入り出来た最高の結末が反映した結果だと言えるでしょう。

第4話の尻尾の曲がったブランケットキャットでも
猫が嫁入りできるといいですね。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 4話 視聴率と感想


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

NHKドラマ ブランケットキャッツ 4話視聴率4.6%!

2017年7月14日に放送されたブランケットキャッツ第4話は推移で3.4%の大幅ダウン!

第3話の8.0%の視聴率があまりにも良すぎたかもしれませんが、残念ですね。

そんなブランケットキャッツ第4話は子供に価値観を押し付ける父に苦悩する子供が
親たちの知らないところでいじめに加わっていたというリアルな展開。

また、ラスト結末では、子供が見たくない親の土下座シーンもあり
個人的にも感動があった3話の方が良かったと思いましたね。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 4話 ツイッター感想




NHKドラマ ブランケットキャッツ 4話 ヤフー感想


家族の描き方がリアル


今日の抑圧された子どもとデリカシーのない支配的な父親の関係、妙にリアル

父親のキレ方、少年のキレ方、どちらも実際に有りそうな演技だった。

このドラマ、コンパクトながら家族の描き方が秀逸だと思う。

しかし、少年に抱きしめられるがままの猫、良い子すぎる。そこはドラマ。

朴訥な西島、猫似の吉瀬、そして気ままな猫たち。今日も大いに癒された。

父親と息子


子供の事は父親が一番分かっていない感じが最初からした、
自分の考えを子供に押し付ける父親に対するストレスで、虐める側になってしまった気がする、

自分がやった虐めのせいで、相手の親に土下座してまで謝る両親を見て
一緒に子供が相手の親に頭を下げて謝ってやっと息子と父親が少し分かり合えた感じがする。

このドラマは猫を通して家族が再生していくドラマなので今日も良かった。

ラストに猫が2匹貰われて寂しそうにしている
いつもぶっきら棒な感じの西島秀俊の家具屋の主人公は良かった。

来週は朝ドラひょっこの澄子役の松本穂香ちゃんがどんな演技をするのか楽しみ。

いじめ


感動的な作りですがあまり感動しないのはリアルなのでしょうね。

現実って解決しないことも多いし家族なら喧嘩をしても本音は言えなかったりしますし。

相手が悪いからと土下座をしろという親もまたいじめの気持ちを感じます。

相手が悪いなら誹謗中傷さえ正義というネットに似ています。

でも学生ってほんとにあんなスマホの使い方だとしたら親は大変ですね。

学校で話せば済むし、家ではwifiがあれば済みそう。

塾なんかも入れてそのお金がどれだけ貴重なものかも解らず
人をいじめて、いじめを知らないふりして・・・

でもそんな学歴だけ重視する社会を作ってるのは大人なのですよね。

キーが可哀想


父親もそうだけどあんな母親いないよ

自分の子供のこと、ちゃんと見ていなさ過ぎる

前回が良かったのに今回はダメだった

可愛くて良い子のキーがあんな家族にもらわれたのもイヤだったし
イジメが薄っぺらに描かれたストーリーも気に入らなかった。

猫たちにはみんな素敵な家族のところで幸せになってもらいたいのに
キーの今後がすごく心配になった。

親から目線


今までいい子だと信じていた我が子がいじめをしていた。

いじめられて学校に行けないものだとばかり思っていた息子が
実はいじめている側だったと知った時の衝撃。

部下にはパワハラ気味。声が大きくて、せっかちで押し付けがましい。

世間的に見れば嫌なお父さんだけど、
いじめてしまった子に土下座して謝ったり、
不器用ながら愛情を持っているのだと思いました。

「お前は最低なんかじゃない。お前はずっと父さんの自慢の息子だ」

特にこのセリフ。自分本位な父親だったら、絶対出てこない。

「俺の顔に泥塗りやがって」とか、平気で言いそうなお父さん、
このセリフは泣けました。親だからかな。

同じ立場になってこの言葉を我が子に言えるだろうかと自問自答しました。

私だったらあの場で猫が飼いたいって言ったあの子に対して
「今そんなこと言ってる場合じゃないでしょうが!」と怒鳴っちゃうかも。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/review/387927/

NHKドラマ ブランケットキャッツ 5話 視聴率


ブランケットキャッツ あらすじネタバレ.jpg

NHKドラマ ブランケットキャッツ 5話 視聴率 4.7%

ブランケットキャッツ5話も視聴率的には厳しい状況でしたが
何よりも、ゲストキャストの演技力や演技量が素晴らしかったですね。

特に頑固なマンション大家さん役の伊武雅刀さんの引き出しの多さには感動!

ダメ男のフリーター役の大賀との息もピッタリで、孫のようでした。

ツイッターでもヤフーでも5話の感想はこの二人に集中してましたし
大賀さんに言い放った伊武雅刀さんの台詞『一人前になって、出ていけ!』

厳しい中にも思いやりのある伊武雅刀さんの演技には心からジーンとさせられました。

NHKドラマ ブランケットキャッツ 5話 ツイッター感想




NHKドラマ ブランケットキャッツ 5話 ヤフー感想


伊武雅刀さん


今回はなんと言ってもベテラン伊武雅刀さんの演技が光ってました.

気難しい大家役の伊武雅刀さんが大賀演じる男に
ちゃんと稼いでお金を貯めたら出て行けと子猫を買う事も
彼女と同棲する事も当面許したのは本当は優しく好い人だと思った。

子猫が大家さんの白猫に懐いているので、時々一緒に遊ばせるようになったのも良かった。

最後に松本穂香ちゃん、ひょっこの澄子役以外の演技を見るのは初めてだったが
良い演技だったと思うし、来週の脳スマ男へのゲスト出演も楽しみ。

泣いたー


今日はじんわりと涙が込み上げて、止まりませんでした。

伊武さんの表情、目の演技、引き込まれます。

そしてそれに負けない太賀くん。今までで一番よかった。

あの子猫ちゃんは本当にタマになついていたけど、実際一緒に飼われているのかなあ?

ドラマに合わせて仲良くさせたりできるのかしら?

余韻満載


一人前になってから出て行け、っていうのは
必ずしも、それまで彼女や猫と一緒にいていい、ということではなく。

まずは彼女と猫を実家に帰して、自立できてから
迎えに行けっていうことじゃないかなと、勝手に推測して、感動してました。

それにしても、キャストが整うと、引き締まりますね。

彼女役がひよっこの澄子だと気づくのに時間がかかりましたが 笑

心に沁みる回だったわ~


伊武さんと太賀くんのお芝居が素晴らしいのでグイグイ引き込まれた。

太賀くんが「山岸ですが、何か?」と言い出して
不貞腐れないかとハラハラしたけれど、心根が優しい真っ直ぐな青年で良かった。

それにしても美咲は、秀亮への自分の気持ちが一番なだけで
猫にも人にも愛のない女に感じる。

心の中の亡き妻を想い続けている秀亮に「前を向かない」と責めるけど
要するに自分の方を向きなさいよ、と苛立っているように感じる。

猫の里親選びを秀亮が慎重にやっているのに
「一匹減るから、まっいいか?」とやっつけ仕事的に勝手に決めてしまった。

美咲と秀亮は結ばれて欲しくない。

ひょつこと同じころ撮影したのかな


5話はひょつこの澄子役だった、松本穂香ちゃんがフリーターの恋人役で出てる。

違う役柄だけど、それなりに良い味出してる。

出典:https://tv.yahoo.co.jp/review/387927/

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています

【ブランケットキャッツ】のキャスト出演者と登場人物は?猫とゲストも公開!
【ブランケットキャッツ】放送日再放送日はいつ?あらすじと見逃し配信動画も公開!
【ブランケットキャッツ】ロケ地はどこ?珈琲亭ルアンで西島秀俊とぱるるの目撃情報!

スポンサーリンク

タグ